2021/04/16

第19回 多聞会 〜日程変更のお知らせ〜

 令和3年5月1日(土)午後1時から開催予定の第19回多聞会ですが、予定を変更させて戴きます。新しい開催日は

令和3年5月9日(日)午後1時から

となりました。内容等につきましては、決まり次第お知らせいたします。

2021/04/04

釈尊降誕会花まつり 自由参拝

令和3年 釈尊降誕会花まつり

(しゃくそんごうたんえ)

令和3年4月8日(木)釈尊降誕会花まつりをご紹介いたします。
今年の釈尊降誕会花まつり(お釈迦様がお誕生になられた日)は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から行事形態を変えて、午前9時30分から方丈様お一人での法要。
午後12時から3時まで、檀信徒様の自由参拝とし、コロナ感染症対策といたしました。

ーーーー午前中の法要ですーーーー
本堂では香が焚かれ、良い香りがしています
桜の花が生けられています
本日の外の気温は4度、時折小雪もぱらつく天候でしたが
本堂の桜が春が訪れる喜びを感じさせてくれました
多聞会でも質問の多い御霊供膳(おりくぜん)です
2世寺族様の小さなサイズの御霊供膳でご紹介いたします
ふきのとうがお供えされています。春の訪れを感じます
室蘭の山野でもやっとふきのとうが芽生えてきました
今日はお釈迦様のお誕生日ですので、お祝いのお赤飯です
後にご紹介いたしますが、ろうそくも赤色を灯しています
柔らかそうな梅干しです
境内の梅の木も、やっと花芽が膨らんできました
檀信徒様がご自宅で御霊供膳をお作りになるときの
御参考になれば幸いです
子供の頃から、仏様にお供えされているお菓子が気になってしまう私です
このべこ餅はきれいな桜色です。
同じく桜餅です
さくらおこしです。懐かしいですね
法要が始まりました。赤色ろうそくがお供えされています
花御堂の誕生佛様に甘茶をお掛けになってます
花御堂です
花御堂内の誕生佛様です。甘茶をお掛けしてお祝いいたします
法要が始まりました
法要が無事に終了いたしました
12時から3時までの自由参拝です
檀信徒様は自由参拝でお参り頂きました
参拝者様は記念の品を頂きました。
釈尊降誕会のしおりです
クリックすると拡大いたします

記念の品であま茶を頂きまして、さっそく頂きました
初めて飲みました、方丈様ありがとうございました

お知らせ
4月21日から30日まで、大本山永平寺上山のため、
方丈様不在となりますのでお知らせいたします。

-------御案内です------
謹啓 春粧の候

檀信徒の皆様には益々ご健勝にて諸事に御精進の事と拝察致します。

少しずつ春の気配を感じる今日この頃、当寺境内の梅の華も膨らんでまいりました。

さて、今年の釈尊降誕会花まつり(お釈迦様がお誕生になられた日)は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から行事形態を変えて下記のとおり厳修致します。

就きましては、1年に1度の法要でありますので、是非御参詣下さいますよう御案内申し上げます。

合 掌

令和3年4月8日(木)12時より3時

  (住職法要後のお参りとなります)

釈尊降誕会花まつり 自由参拝

  (時間内お好きな時間に御参詣ください)

 ※本堂正面のお釈迦様に、甘茶をかけてのお参りください

 ※お参り後記念の品をお持ち帰りください

 ※志納袋はありません。浄財(志)はお賽銭箱へお願いします




2021/04/03

第18回 多聞会
 〜知ってそうで知らない仏事の言葉・名称・意味〜

 第18回 多聞会の御案内

〜知ってそうで知らない仏事の言葉・名称・意味〜

令和3年4月4日(日)午後1時から、第18回多聞会が開催されました
本日はあいにくの雨、気温は6Cです
お地蔵様も寒そうでした
声掛け地蔵様の表情も、寒そうに見えます。
本堂は石油ストーブが焚かれ暖かく、お花も初春を感じさせてくれました
雨天でしたが、多くの檀信徒様がお越し下さいました
コロナ対策で、座席の間隔を広く取っています
初めに、
方丈様は昨日第八十世 南澤道人貫首 晋山開堂式礼」の御役目から戻られましたが、一昨日の晋山開堂式礼の様子についてお話し下さいました。
多聞会のお話は多岐にわたり、曹洞宗(そうとうしゅう)「そうどうしゅうではありません」の歴史、一仏両祖、2つの大本山、合掌の意味、御拝(身体投地)、焼香、香木、命日、祥月命日(しょうつきめいにち)、年忌、遠忌(おんき)、回向(えこう)、葬儀(葬送儀式)、告別式、戒名、納骨、分骨、位牌、卒塔婆(そとうば)など、多くの言葉やその意味をお教えくださいました。
また参加者様から数珠について質問がありましたが、形は宗派で違っていること、108玉のものではなく、少ない数の数珠でも良いこと、また数珠は切れるものであり、数珠が切れる事は縁起の悪い事では有りませんなど教わりました。
次回の第19回多聞会は、5月1日(日)午後1時からの予定です。皆様のご参加をお待ちしてます。
〜〜〜〜〜以下は御案内です〜〜〜〜〜

日時:令和3年4月4日(日)午後1時より

  (休憩を入れて3時終了)

会場: 当寺 本堂

講師: 当寺 住職

研修内容

知ってそうで知らないよく使われる仏事の言葉

知ってそうで知らないよく使われる仏事の名称

知ってそうで知らないよく使われる仏事の意味

今回は長い間仏事に関わり、経験し、聞いたり行ったりしていることが本当にそれが正しいのか?間違って使っていないか?思い込みで行っていないか?

そんな知ってそうで知らない仏事をテーマにお話させて戴きます。

近年、古くからのお檀家、新しいお檀家に限らず多聞会にご参加戴いた方々が、より正しく仏事をご理解戴いています。有り難いです。

お時間の都合がつく方は是非ご参加ください。お檀家以外の方のご参加も結構です。

質疑応答の時間もとります。

メモされる方は、筆記用具をご持参ください。

(クリックすると拡大いたします)

2021/04/02

『ZEN – Find the Light –』

 曹洞宗国際センターでは、坐禅に親しみ、曹洞禅の教えに触れていただくための動画『ZEN – Find the Light –』(クリックするとYouTubeが開きます)を製作いたしました。

女優の宮地真緒さんによる坐禅体験、母国を離れて曹洞宗の国際布教の第一線で活躍する僧侶の対談は熱意あふれるもので、それぞれにとっての「禅」を語っています。

本作品の音声は日本語ですが、英語字幕がついています。

大本山永平寺第八十世 南澤道人貫首 晋山開堂式礼

 令和3年4月2日(金)

大本山永平寺では「第八十世 南澤道人貫首 晋山開堂式礼」が奉修されました。

当寺方丈様が御役目で御上山されており、写真をお送り頂きましたので、ご紹介いたします。

大本山永平寺第八十世貫首 南澤道人不老閣猊下 晋山開堂式禮が快晴の中、間も無く開式されます。





法堂前に晋山開堂の牌が掛けられ、愈々大禅師猊下が御上殿され須弥壇上に登られ晋山開堂の式禮が奉修されます。

大本山永平寺 第八十世貫首 南澤道人猊下 晋山開堂式礼

御本尊釋迦牟尼佛を祀る佛殿の前庭には大禅師猊下の晋山を祝うが如く紅白の梅が咲いて居ります。

2021/04/01

令和3(2021)年度 告諭 (曹洞宗管長のおことば)

 

いま、私たちは多くの苦難に直面しています。新型コロナウイルス感染症の全世界的な拡大により、多くの尊い生命いのちが失われ、人びとは深い悲しみの中にいます。また、戦争、貧困、格差などの社会不安、近年頻発する自然災害は、私たちに大きな痛みをもたらしています。

今日こんにち、曹洞宗の信仰に生きる私たちは、どのような生き方を目指すべきでしょうか。

お釈迦さまは、人生における苦悩の中で、菩提樹のもと、坐禅を重ねられ、お悟りを開かれました。その御教みおしえは、祖師方によって相承そうじょうされ、いま、私たちもいただくことが出来ます。身を調え、息を調え、心静かに坐りましょう。仏さまの智慧と同じ正信心しょうしんじんにより、ものごとを正しく見ることが出来ます。その時、おのずから他者を思いやり助け合う慈悲のこころが育まれるのです。

私たちの社会ではさまざまな分断が現出しています。感染症の広がりにより人間関係のさらなる希薄化が進む中、いまこそ、一人ひとりが菩提心をおこし、人と人との温かなつながりを深めていかなければなりません。お互いに手を携え、四摂法ししょうぼうの「同事どうじ」のおさとしをぎょうじてまいりましょう。

すべての人びとが救われることが御仏みほとけの願いであります。

日々の生活の中で、仏さまにを合わせ、世界中の人びとが安らかに暮らせるよう祈り念じ、皆ともに菩薩行を進めてまいりましょう。

 

 合掌


南無釈迦牟尼仏なむしゃかむにぶつ
南無高祖承陽大師道元禅師なむこうそじょうようだいしどうげんぜんじ
南無太祖常済大師瑩山禅師なむたいそじょうさいだいしけいざんぜんじ

 

 令和3(2021)年4月1日
                        曹洞宗管長 南澤道人